【日本初登場・未入荷】第1章・第1回イスキア島のワイナリーとワイン① 

最終更新: 2020年9月23日

Cantine Antonio Mazzellaの3世代目、二コラ・マツェッラ Nicola Mazzella氏 近影


こんにちは。


公益財団法人日伊協会主催 

ACCVIイタリアワイン文化講座のディレクターの櫻井芙紗子(FUSAKO)です。


さて、チラシでは掲載しきれない情報をこのブログとメルマガでフォローしていきますので

ぜひ最後までよろしくお願いします。


第1章はマグナ・グラエキアとワインです。

まず、マグナ・グラエキアとは何か、おわかりになりますか? 

そうです。古代ギリシャ人がイタリア半島に上陸して築いた植民市(群)のことです。

『大ギリシャ』という呼び名で、世界史の授業で習った方もいるかもしれません。


本講座ACCVIでは、マグナ・グラエキア時代の古代の人びとの足取りをたどりながら、イタリアにブドウとワインがもたらされ、その土地に根付いていく過程を見ていきます。そして現代のイタリアまで続く、人びとの生活の営みに目を向けます。


まず、来月10月24日(土)のACCVIの記念すべき第1回目でご紹介するワイナリーは

カンパーニャ州ナポリ県イスキア島の生産者、Cantine Antonio Mazzella(アントニオ・マツェッラ)です。


現当主の二コラ・マツェッラ Nicola Mazzella氏に会ったのは2019年4月のこと。

春うららかなのイスキア島のカンティーナ(Cantina)を訪ねました。


知り合いからの情報で二コラ氏のワインがその年のヴェローナのイタリアワインの最大の展示会、VINITALYで、最も優れたイタリアのカンティーナに選ばれたことを知りました。


Vinitaly "Migliore Cantina 2019" イタリア最優秀ワイナリーの受賞の様子(左が二コラ氏)(出典 LA REPUBBLICA 12 aprile 2019 )https://bit.ly/2RMz6gB



イタリアの小さな島のワインを集めたブースでは、なぜか二コラ氏本人に会うことができなかったものの、彼が造ったワインをひと口飲んで何か非常な興味が湧き、ほぼアポなし取材でナポリ湾をイスキア島へ渡ったのでした。

イスキア島の本島からイスキア・ポンテ(Ischia Ponte)という橋を渡るとさらに小島があり、カステッロ・アラゴネーゼ(Castello di Aragonese アラゴン城)と呼ばれる、自然の要塞・城址があります。まるで『天空の城ラピュタ』の世界です。


イスキア島は、古くはギリシャ人が古代都市クーマエ(Cumae)などの半島にポリス(小都市)を作る前に、足掛かりとしたと言われています。なぜ、ギリシャ人たちは、イスキアから入ってきたのでしょうか?


(つづく)

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

【4/15追記】教材ワインのご配送ならびに酒税について

受講生各位 このたびはACCVI 第2章エトルリアとワインにお申し込みいただき誠にありがとうございます。現在教材ワインのセットプランをお申込みいただいた方に、順次教材ワインセットをご配送しております。1点追加でご連絡がございます。 【4/15追記】 別途かかる費用:酒税(日本税関判断により6本で400円、12本で800円程度) ワインお受け取り時に別途かかる可能性がある費用として酒税400円程度(