11/21(土)第2回講義 プリミティーボ・ディ・マンドゥーリアDOCの資料は11/19(木)送付予定です

最終更新: 2月15日

こんにちは。ACCVI事務局です。11月21日(土)が近づいて参りました。事前にお送りする資料の細部を最終調整しております。大変お待たせしておりますが19日(木)じゅうには送付予定です。いましばらくお待ちください。


さて、当日のパネリスト、タイムスケジュールをお知らせします。


パート1ではプーリアのプリミティーボ・ディ・マンドゥーリアの生産者組合 Cantine San Marzanoの取締役のMauro Maggio氏をお迎えします。Mauro氏はコンソルツィオ・ディ・プリミティーボ・ディ・マンドゥーリア(協会) Consorzio di Primitivo di Manduriaの会長も兼務されています。生産者組合の成り立ちとプーリアのワインの発展についてお話いただきます。


パート2ではCantine San Marzanoの専属農学博士のDott. Tommaso Galiotta氏にはサレント半島のテリトーリオの自然とプリミティーボという品種についてお話いただいたのち、今回の教材となるワイン『セッサンタン二 "60anni" Primitivo di Manduria DOC 2016』の試飲をソムリエの櫻井の解説で行います。


パート3のアッビナメントのパートは、福岡市高宮のプーリア料理のイタリア食堂SACCOの薙野耕平シェフに解説いただきます。薙野シェフはプーリア州の1つ星"Il Poeta Contadino"やマルケ州のミシュラン2つ星"La Madonnina del Pescatore"で修行されています。プーリア料理の特徴とその魅力についてお話いただきます。


パート4ではスローフード協会プーリア支部長のマルチェロ・ロンゴ氏をお迎えしてプーリアの自然環境のダイバーシティの魅力についてお話いただきます。そしてテリトーリオの具体的な事例として、監修の陣内秀信先生から、サレント半島の港湾都市、ガッリーポリの街と、その成り立ちに大きく寄与したオリーブオイルの搾油所(フラントーイオ frantoio)についてお話いただきます。


どうぞお楽しみに!


最新記事

すべて表示

【4/15追記】教材ワインのご配送ならびに酒税について

受講生各位 このたびはACCVI 第2章エトルリアとワインにお申し込みいただき誠にありがとうございます。現在教材ワインのセットプランをお申込みいただいた方に、順次教材ワインセットをご配送しております。1点追加でご連絡がございます。 【4/15追記】 別途かかる費用:酒税(日本税関判断により6本で400円、12本で800円程度) ワインお受け取り時に別途かかる可能性がある費用として酒税400円程度(