イタリアワイン文化講座 3月20日(土)ゲスト 第6回アリアニコ・デル・ヴルトゥレD.O.C.の名門PATERNOSTER(パテルノステル)のヴィート・パテルノステル氏からみなさまへのメッセージ 


イタリア半島の『つま先(カラーブリア州)』『かかと(プーリア州)』はよく聞く表現ですが、今回訪ねるバジリカータ州はいわば『つちふまず』といえばわかりやすいでしょうか?(笑)


昨年10月から怒涛の半年間『つま先』と『かかと』は既に訪問してきた私たちイタリアワイン文化講座ACCVIの、第1章『マグナ・グラエキアとワイン』

 マグナ・グラエキアのラストを飾る、第6回目はイタリア半島の『つちふまず(バジリカータ州)』のアリアニコ・デル・ヴルトゥレのテリトーリオです。


このテリトーリオは古代ギリシア人がルカニアと呼んだ地域で、ルカニ人という先住民が暮らしていたことがわかっています。そして“アリアニコ”はヘレニズム(≒古代ギリシア)の語源が変化してできたブドウです。まさにマグナ・グラエキアの最終回を考えるのにふさわしいブドウのワインです。さて、どんなストーリーが隠れているでしょうか?


当日2021年3月20日(土)20時のウェビナーにてご本人ヴィートさん登場のうえ、法政大学の陣内秀信先生とみなさまとご一緒にアリアニコ・デル・ヴルトゥレのワインのテイスティングを行い、さまざまなテリトーリオにまつわる情報をご覧いただきます。


ゲスト生産者はアリアニコ・デル・ヴルトゥレのテリトーリオの歴史そのものを体現するパテルノステル家の当主、ヴィート・パテルノステルさんです。ヴィートさんのお爺さんとお父さんから数えて3代目となり、カンティーナと畑のツアーはファミリーの4代目がみなさんをガイドしてくれます。非常に楽しみです。


アリアニコ・デル・ヴルトゥレのテリトーリオの歴史そのものを体現するパテルノステル家の歴史。お爺さんのワインとお父さんのワイン、それぞれのワインに込められた思いをヴィートさんに語っていただきます。3月20日のウェビナーをみなさまどうぞお楽しみに!



最新記事

すべて表示

【4/15追記】教材ワインのご配送ならびに酒税について

受講生各位 このたびはACCVI 第2章エトルリアとワインにお申し込みいただき誠にありがとうございます。現在教材ワインのセットプランをお申込みいただいた方に、順次教材ワインセットをご配送しております。1点追加でご連絡がございます。 【4/15追記】 別途かかる費用:酒税(日本税関判断により6本で400円、12本で800円程度) ワインお受け取り時に別途かかる可能性がある費用として酒税400円程度(